TOP >> 文化歴史 >> 佐久市友好乃碑 (さくしゆうこうのひ)
 佐久市友好乃碑


東京都神津島村と長野県佐久市は縁が深いといわれています。友好都市となっています。

なぜかと言いますと、なんと、長野県佐久市には「神津姓」の方が多くいらっしゃいます。さらに、神津姓の神津は神津島の神津が由来であると文献からも裏づけされているのです!

そんな、縁を紹介いたします。

神津島の開発総合センターの少し上、菊若遺跡から一段あがった所に、その碑は建立されてます。

 

佐久市神津島村友好乃碑

長野県佐久市に多い神津姓は 本島の島名に起因するものであることが文献 甲信美名鑑及び
信濃国佐久郡在城景紀等によって明らかにされている。

 即ち 神津氏の大祖は大織冠中臣鎌足公の後裔 下野領主藤原秀郷で その末葉の藤原定国が神津島に渡り
館を構築して伊豆七島を鎮領し 数世代 百数十年に渉り在住したが南北朝時代に至り再び本土に移り住み 
この時始めて神津姓を名乗ったという この藤原の系譜をたどれば 
神津島から 伊豆 公衆を経て京都に住んだとされ 藤原負次の時 
小笠原長清に従い 信濃に定住し 更に後の代に至り長清の七男大井朝光の支城 鳥坂の城主となり 
之を神津半之進藤原茂時と称した

神津姓同族は之を祖として佐久を中心に全国にその勢力を伸ばし繁栄してきたものであり 
その姓は神津島の島名に因なみ名付けられたものと代々言い伝えられている
 この様な由縁により佐久市と神津島の絆が深く結ばれる基となったもので 
先人の意志が今に生かされた思いを致し感無量のものがある。

よって、ここにこの碑を建立し 末永く 友好を誓い 共に繁栄への礎とするものである

昭和五十四年七月一日    題字  佐久市長     神津 武士
                 選文 神津島村村長   松本 一

【参考ホームページ】
神津島のコンシェルジェのブログ」によりますと。
 

2012年5月13日の記事
テーマ 神津姓のルーツを知りたくて

●長野県佐久市より

 毎年5月に東京の多摩、伊豆、小笠原諸島町村の議員が集結して 
 講演を聞く等の研修会が東京の青山で開催されています。
 神津島村議会ではその前に自主研修として長野県佐久市に行って
 きました。

 佐久市とは佐久の神津姓とのかかわりで友好都市を結んでいます。

 研修の目的は佐久市の農業である花卉園芸、新品目の試験農場
 の視察でしたが、ここでは神津姓の墓参りに行ってきましたので
 かねてから興味を持っていた神津姓のルーツについて調査した範囲
 内で紹介したいと思います。


 神津姓の太祖は
中臣鎌足(蘇我入鹿の暗殺に中大兄皇子とともに
 関わったとされる後に藤原鎌足と名乗る)の後裔、

下野領主藤原秀郷(平安時代 中期の武将)の子孫である
藤原定国(平安時代中期の 公卿)であり、

定国は伊豆七島を鎮領として神津島に館を構築しました。
 数世代神津島に留まりここで姓を神津氏としました。

 その後、平中常(平安時代中期の武将)の子定茂より逃れて
源頼信(平安時代中期の武将)の命に従い
京都に移り子孫は相続しました。

 そして小笠原長清(平安時代末〜鎌倉時代前期甲斐国の武将)を
 守り奉仕するため信濃に移ったようです。

 いずれにしても
神津姓一族は平安時代末に神津島から京都に逃れ
 そして信濃に移り住んだようです。

 今から800年以上前の出来事です。


 「文字の大きさ、改行等に変更あるが文章そのまま。以上引用終了」】

つまり、

平安時代中期に、
藤原定国が神津島に移り住み、神津姓を名乗った。
だが、数世代後に、平の一族に追われ、神津姓は島から逃げ出て京都に移り住んだ。
その後は、小笠原長清を守り奉仕するため、信濃に移り住んで信濃で神津姓が繁栄していった。

ということです!


歴史ってロマンチック!


ちなみに、
佐久市とも交流会がありまして、こういう物も近くに立ててあります。

 
第13回佐久っ子道場 IN 神津島 1998・8・7〜10
青い海、大自然の中で地球市民の心を学ぼう

 1班       5班        8班    
 岡村直樹   久保田美幸     原 智美   萩原 靖     有坂 未希   武田 誠 
 木内 綾    加藤 槙   相馬 幸太郎     山本 和茉    井出 孝尚    大平哲也
 相沢貴洋    中條秦淑    高見沢 茜   仲田 忠義     角田 彩    相馬祐太
 西村美南   林 悠太郎     丸山 沙稚枝    角田 唯    萩原 瑞子    田中良輝
                     
 2班       6班        9班     
 桜井真也   小林郁恵     高見澤知世   森泉英司     新海さやか   中嶋秀史 
 原 哲也   臼田有希    福島拓生   金井光代     石田雄一   依田純樹
 木内あすか        宮崎隆洋    大工原 森    山浦由貴    由井美由紀
井出正人        由井志保里        浅沼佳南    
                     
3班         7班        10班    
 桜井亜季   池田未知子     由井亜実    原 昇   長門美矢子     中嶋紗千
 小林秀樹    小林咲智    赤岡俊輔   宮澤 均     若山勇太    小林 彰
 戸塚俊介    井上沙織    東城美和    熊谷 美穂    伊藤和明    菊池信太朗
 中森直希    工藤優作    竹内麻奈美        萩原祥子    
                     
 4班       団長 阿部真一   副団長 臼田 強     
 竹内悠樹子   三石留里子     地球市民育成委員会      
 水間悟氏    赤羽根直樹     委員長 山岸英俊   中澤一郎 茂原 睦男
 高見沢 梓    小林卓見   副委員長 岩月誠一 中戸高志    堀籠 茂
 市川敦美    木内悠太   第2副委員長 佐藤芳明  込山 弘         
                     
         井上 隆   木内 徹     堀籠茂文   柳田清二 
         岩下正明   神津美智代    原 知行     
         伊藤康弘   清野正巳    宮森伊智朗    Nurse 
         伊藤壮光   小池 豪    柳田茂大    市川あき子 
         荒井範央   神津秀仁    依田誠一     
         井出 太   澤尾光弘    山口正久     

 佐久っ子道場というのは、佐久の小学生が長野県に無い海に触れ合おうというコンセプトで行われているものです。この頃、小学4年生から小学6年生だったと考えると、2013年では、25歳から27歳となっています。

お元気していますか(^^)?