TOP >> 文化歴史 >> ネコマタ
 ネコマタ


多幸湾ファミリーキャンプ場のフリーテントサイトの避難所には「ネコマタ」がデザインされた彫刻がる。

ネコマタの解説版

 
むかし昔、神津島の”日向(ひゅうが)”のあたりに、ネコマタが住んでいました。

ネコマタは口が赤く裂け、尾っぽが二つある大きな山猫です。

多幸の港に魚が沢山あがるとネコマタがその臭いをかいで必ずやって来ます。

ある時、ネコマタに逢った漁師がいました。
人をかみ殺すほどの勢いで追い掛けて来るので、
漁師は、獲った魚を一匹づつ道に投げては走り、投げては走りして逃げましたが、
とうとう一匹の魚もなくなりました。

こうして秩父山の地蔵様の前まで逃げてくると、



地蔵様の目が光り、



ネコマタは怖がってそれ以上は追いかけては来ませんでした。

多幸の砂浜にネコマタの足跡はついているのを見た人は、
夕方にならないうちに峠えお越えなければなりませんでした。

ネコマタは魚を好んで食べたり、ばけたり、とりついたりするので、
多幸の魚がとれた時は気をつけろといわれていました。


【多幸湾ファミリーキャンプ場 フりーテントサイトのネコマタ避難所】


 ねこまたに関してはここに書かれている程しか言い伝えが無いので、これ以上は不明であるが、
着ぐるみになっていたり、なんとなく島民みなが知っている。

 本当の化け物なのか、山賊が化け物を装ったのか、妄想はふくらみます。