TOP >> 遊ぶ >> スキンダイビング
 スキンダイビング


 シュノーケリングが上達してきたら、水面近くで浮いているだけではなくて、少し潜って魚に近づいたり、岩の下を覗いてみたり、水中を自由自在に泳いでみたくなりますね。スキンダイビング出来るようになれば、海の楽しさが何倍にもなるかと思います! オススメポイントや潜り方を紹介します!

スキンダイビングスポット

 ●赤崎遊歩道
 
 飛び込み、シュノーケリングでもオススメの赤崎遊歩道、やっぱりスキンダイビングもOK!
 深いところの水深は約7mで、海底までいけるようになればもう中級者!

 ●千両池の奥の方
 
 千両池の奥の方になると、水深は10m以上。岩もゴロゴロしていて、潜り心をくすぐります。
 赤崎遊歩道のスキンダイビングでは物足りない!ならば、ここで冒険してみましょう。
 監視員が居ないので、自己責任でご安全に!

 ●前浜海水浴場の南端の沖の方 (磯の名称:つまり)
 
 磯沿いに沖に向かうと水深はどんどん深くなります。
 監視員に注意されるかもしれないので、早朝や夕方、もしくは事前に監視員に伝えてください。
 その際は、2人以上での行動、安全を守るための浮き具など準備を忘れずに!

 ●島の好きなところ!
  海水浴場意外にもシュノーケリング、スキンダイビングするところいっぱいありますが、観光向けには案内できませんので、現地に来て、前浜や赤崎遊歩道でのダイブを経験して、色々と探索して見つけてくださいな。これが出来るようになると、観光客の域を超えます!


必要なもの

 シュノーケリングとあまりかわりません。
 ・水着
 ・水中めがね(鼻まで覆える物)
 ・シュノーケル
 ・足ヒレ
 ・マリンシューズ
 ・ラッシュガード
 ・浮き輪などの浮き具
 ・水中カメラ
 ・曇り止め


スキンダイビングのこつ

 その1 耳抜き
  潜ると耳が痛くなります。痛くなるのは、耳の中の圧力と水圧の差が大きくなるためで、解消するには耳抜きをして、圧力の均衡をとらなければなりません。痛く感じる前に耳抜きを繰り返して、深く潜っていきます。耳抜きの方法は

  1、鼻を摘まんで鼻から息を出すイメージで息を送る。
     →耳に「ッスゥ」という感覚で空気が入り耳抜き完了

  2、つばを飲み込む
     →つばを飲むことによって、鼻と耳を繋ぐ耳管が開き、圧力の均衡がとれます。


  
 その2 真下に潜る
  潜るには、頭を真下にして潜行する必要があります。慣れてない方だと、斜めに潜ろうとしてしまい、足も空中に出てるだけでじたばたしてしまいます。潜っていくには、頭を真下に落とすイメージで垂直に落ちていきます。


器材レンタル 
 ・アクアメイト    シュノーケル3点セット 1200円〜
 ・南国         〃
 ・ティアズブルー   〃
 ・赤崎遊歩道海の家 
 ・信号付近のお土産屋(夏季限定)