TOP >> 遊ぶ >> 調理室

 調理室

【開発総合センター 調理室】

【生きがい健康センター】







半日1,700円(4時間まで)
全日3,400円(4〜8時間)
夜間2,200円(17時30以降の利用)

 備品

  調理道具一式あるそうです。
 包丁は受付にて貸し出し。


(なんと!あの最新機器が!!) 

(調理器具がいっぱい!) 
 
(でかい炊飯器。)
 




【詳細】

開発総合センター内 信号から徒歩10分。神津中学校の隣。

 時間について

 (1) 半日とは4時間以内をいい、全日とは4時間を超え8時間以内とする。
 (2) 夜間とは、午後5時30分からとし、テニスコートについては、夜間照明を使用した場合をいう。
  
  開館は午前9時を原則
  閉館は午後10時を原則


予約およびお問い合わせ
神津島開発総合センター TEL:04992-8-1221


利用申請書 word形式 ダウンロード 
利用料減免申請書 word形式 ダウンロード
 

第10条 条例第7条の規定に基づく使用料の減免は次に掲げる各号に該当する場合、使用料を減額し、又は免除することができる。

(1) 公共団体又は公共的団体が公益のために使用するとき。 全額
(2) 村内の公共的性格を備える団体若しくはグループが、
   条例第1条の設置目的のために使用すると認められるとき。 半額
(3) その他村長が特に認めたとき。 全額又は半額





生きがい健康センター


 
調理室
半日1,800円
全日3,600円
夜間2,500円
 
(1) 半日とは4時間以内をいい、全日とは4時間を超え8時間以内とする。
(2) 夜間とは、午後5時30分から9時30分までとする。
(3) 全館使用の場合、
半日は1万円、
全日は1万5千円、
夜間は1万2千円、
1日中は、8時間以上とし、2万5千円とする。


使用条件

(1) 高齢者の生きがいづくりに関すること。
(2) 健康づくりに関すること。
(3) 高齢者の地域交流活動に関すること。
(4) 介護予防に関すること。
(5) 給食サービスに関すること。
(6) 健康・福祉等に関すること。
(7) 前各号に掲げるもののほか、村長が必要と認める事業

使用可能者
神津島村に住居を有する一般住民とする。ただし、村長が特に必要と認めたときは、この限りでない。
(1) 神津島村に住居を有しない者であっても、直接神津島住民の健康増進のためのものであると認められるもの。
(2) 前号に規定するもののほか、村長が考慮し、使用させて差し支えないと認めたもの。

健康センターの使用時間
午前9時から午後5時までとする。ただし、村長が特に必要と認めた場合はこの限りでない。

休館日
ただし、村長が特に必要と認めたときは、これを変更することができる。
(1) 日曜日
(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める日
(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日

予約およびお問い合わせ 
神津島村役場  TEL:04992-8-0011