TOP >> 廃道・廃墟 >> 神津島の廃道・廃墟・廃線マップ
 神津島の廃道・廃墟・廃線マップ


2013年4月1日。

ついにあの方が人知れず神津島に上陸した。

あの方とは、サイト「山さ行かねが」管理人であり、
古き良き「交通」を体験するオブローダーの「よっきれん」さん。
 

廃道・廃線・未成道・隧道・林鉄・酷道などを愛し、探索し、
サイト上で公開し、オブローダーを仕事としている方である。

神津島にも存在するであろう、ヨッキれんさんの大好物を5ヶ所紹介します。




【廃線】
名組湾のトロッコ跡


神津島ではトロッコ跡とか言われている場所で、
大人気観光スポットである赤崎遊歩道のすぐ近く。

「神津にいくばぁ」でも「トロッコ跡」として紹介しています。

ヨッキれんさんのサイト「山さ行がねが」で探索レポートが、
神津島の石材積出軌道  前編 後編と紹介されている。

神戸山で採石した石材を山から索道で降ろし、トロッコに乗せ、船に乗せ搬出した。









【未成道】
大黒根トンネル〜返浜


道をどこまで作るのだろうか。
海岸線の道路は日に日に延びていく。

磯を埋めて、落石防止の策をして、岬があればトンネルを掘り、道を延ばしていく。

ヨッキれんさんのサイト「山さ行がねが」で探索レポートが、
神津島黒根の未成道 【】 【】【】【最終回】と紹介されています。

ここでは、大黒根トンネル側をメインに紹介します。


















【廃墟・廃屋・廃ホテル】
沢尻湾廃墟群


バブルの頃に建てられたが営業することはなかっと言われる廃ホテルや、
食堂や温泉の廃墟も付近に存在する。おもしろいところ。
廃ホテルと廃屋2軒を紹介します。

































【廃道・廃墟】
砂糠山の養蚕場跡


第二次農業構造改善で、島の外れに作られた養蚕場。
政治、行政主導で作られたが、村からの道もなく、
わずかの間しか使用されず放棄された。

多幸湾から海岸沿いに磯を進み、
突き当りの谷を登りきると、ここにたどり着ける。

壮絶!その一言に尽きる。

2014年3月4日発売DVD「廃墟讃歌 廃道ビヨンド Obroad Beyond 」、
2015年1月6日発売の「THE OBROADERS オブローダー 廃道冒険家」劇場版Blu-rayに収録されている。









【廃道・廃展望台】
観音浦展望台


道路は伸び、観音浦の上あたりまでやってきた。
その先も作っていたが、平成12年の地震で崩壊し、ついに放棄したという。
今は、観音浦への山道の入り口付近で封鎖させられている。













忘れられた景色。
観音浦展望台。