2013年 10月16日未明 台風26号の影響により赤崎遊歩道が崩落してしまいました。

 
(神津島 ダイビングショップ 「南国」のFacebookより)

 神津島の大人気スポット、赤碕遊歩道は2013年10月16日未明に台風26号の高波の影響により、島から離れた岩場を結ぶ架け橋が崩落し、その岩場側の遊歩道部分が壊滅的な打撃を受けた。

 赤崎の遊歩道は度々台風の被害を受け、遊歩道自体は流されるなど被害は珍しくなかった。だが、架け橋が落ちる被害は初めて?。

  この台風26号は関東首都圏の通勤ラッシュを直撃し、電車も数時間も止まってしまったほど。伊豆大島では、大雨の影響で24時間824mmという「50年に1度」の大雨の基準を超え、大きな被害が出てしまった。



 次の写真は、Facebookに投稿された神津島観光協会の方の写真である。

 
 (観光協会Facebookより)

  架け橋が落ち、その先の遊歩道がなくなっているのがわかる。
 もとの景色はこのようなものだった。

 
 (観光協会Facebookより)
 

画像の上にマウスカーソルを合わせると以前の画像に変わります。
(被災後の写真は「AQUA MATE DIVING CLUB」さんがFacebookの掲載したものを編集)。


 
 被害の状況が伝わるかとおもいます。



 以下の3枚の写真は、ダイビングショップ「AQUA MATE DIVING CLUB」さんがFacebookの掲載したもの。







 以上、ダイビングショップ「AQUA MATE DIVING CLUB」さんがFacebookに掲載したものを転載。


 次の2枚は、ツイッターでつぶやかれていた、@king_pesoguinさんが載せていた画像。





 以上がツイッターで、@king_pesoguinさんが掲載していた画像である。


 被害の状況が伝わりましたでしょうか?






 繰り返しとなりますが、そもそも赤崎遊歩道が台風などで壊れるのはしょっちゅう起きていました。以前はトンネルを迂回して磯沿いをぐるりと廻る遊歩道があったのですが、この吊り橋より先の磯沿いは頻繁に破壊されたので、今は放置されて廃道となっていました。

 2013年4月の廃道部分の様子


 このように、もともと廃道となっていました。




 赤碕遊歩道の歴史
 
  赤碕遊歩道は1990年代から建設は始まりました。
 特に記憶にあるのは私が小学生の頃からこの飛び込み台で飛んでましたので、
1998年頃から歩けていたかと。
 
 当時、この遊歩道の名称募集!もやっていました。

 開通当時は、いまのようにごちゃごちゃしておらず、さっぱりしたものでした。

まず、きっかけなのが、道路の開通でしょう。
徐々に島の海沿いに伸びていった道路が赤崎まで到達したことによって、赤崎までアクセスしやすくなりました。



1992年(平成4年) 11月竣工の赤崎トンネル竣工


(撮影2013年 4月13日)

 1995年7月 赤崎遊歩道「潮風の道」開通

 

 
  (撮影は2013年10月30日)

 「平成七年七月 関 さなめ」 とある。

 2000年6月29日
   
2000年地震にて被害を受けた赤崎遊歩道 
神津島 地震のHP 6月29日 より転載

 2004年2月29日

(ANDOWS.COM 神津島モニター旅行より 転載 2004年2月29日)

休憩広場も一箇所のみ。
見えている飛び込み台から飛び込んだら、岩場をのぼって戻りました。
コンクリートの階段はまだついていません。



 2005年4月10日

(2005年4月10日撮影 チエコ@神津島より転載  2004年の台風23号で被災したところを復旧。)

この頃から、コンクリート製の階段が付いたんですね。
そして、休憩広場が増えている。


2008年3月29日


この頃には、ほとんど完成していますね。

架け橋を渡って右方面の展望台遊歩道
低い方の飛び込み台
ライフガードの監視台。

2009年4月頃

「チャンピオンズ」というテレビの企画で赤崎遊歩道の先の部分を直して、
滑り台とか作ってくれました。


(撮影 2009年8月25日 落合 晴彦)
 
 が、それもすぐに台風の餌食に・・・



(撮影は、2013年 4月13日)

 ここは、その際に作ってもらった、下の見える歩道。
今、はにごっちゃってます。

2011年頃 駐車場拡大

 2010年には無かった、駐車場が2011年8月には出来ていました。

2013年4月


(撮影 2013年4月13日)


 最後に、早くの復興とより親しみのある赤碕遊歩道になることを祈って特集を終わらせて頂きます。
 
 ありがとうございました。

 写真をお借りした、
南国さん、アクアメイトダイビングさん、@king_pesoguinさん、チエコ@神津島さん、アンドウドットコムさん、落合さん、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。
 掲載不可でしたらご一報をお願いいたします。


戻る

Copyright(C) 中村 圭.2011 All Rights Reserved.